mamakiko blog

人より牛をたくさん見かけるフランスのノルマンディーでの仏相方とロシアン猫と暮らしてます

助産婦さんとの面会 2回目

 

先日、助産婦さんとの2回目の面会へ行って来ました。

 

今回は相方さんがお仕事で一緒に来られなかったので

田舎暮らしのくせに、まだ車がない私・・・

相方のお母さんに車に乗せてって一緒に行ってもらうことに。

(いつも頼りっきりです!!)

 

担当の助産婦さんの部屋へ行くと、この日は助産婦さん見習い学生?

みたいな女の子が同席することに。

 

まず助産婦さんが私に「どう?どこか体調悪いとか?気になることとかある??」

 

私「腰は相変わらず少し痛くなりますけど、あとはいたって元気です。」

 

助産婦さん&助産婦さん見習い共に、すこし物足りない・・的な

表情をしたのは気のせいか・・・

 

で、あ・・・もう少し何か気になることを絞り出してでも言ってほしいのか?

と感じ・・(たぶんそんなことはないやろうけど)

 

「あとは、足の浮腫み、トイレは前より近くなるし、喉はすごく乾くし・・・」

 

といった、確かに体の変化ではあるけど、そこまで意識してなかったことも

お伝えしてみると、そこから話が膨らんでいったので、

なんとなく場を盛り返した感が。。って、そんなとこで場の盛り返しとか

いちいち考える必要もないんでしょうけどね・・・

 

 

さて、今回言われたのが、

 

・とにかく水をたくさん飲むこと。

 

・足のむくみはホルモンが関係していること。

 

・冷たい水は足のむくみにはいいので、ここら辺のビーチの海水は

結構冷たいから足をつけるのはいいけど、お腹はつけちゃいけないこと

(先日の猛暑日続きの時に思いっきり冷んやり海水で泳いでしまった・・・すまぬよ、ベビー)

 

・平泳ぎは腰を痛めるから、背泳ぎか、横泳ぎ?がいいとのこと

 

 

そのあと、今回は授乳についての話だったと思ったのに、

陣痛がきたときのおすすめポジショニングを教えてもらうことに。

 

まずは今お腹の中がどうなっているのかの説明から。

 

子宮がのサイズが、妊娠前は約7センチから、妊娠後期にかけて30センチまで

大きくなるらしぃ。すごいなぁ・・自然のしくみって。。

 

その様子を助産婦さんが布の袋を子宮とイメージさせながら、中に赤ちゃんを入れて

へその緒がプラセンタに繋がって・・・という作業をしているときに、

 

相方のお母さん「えぇー!!!赤ちゃんって子宮の中にいるの?!」

 

えぇ・・・・・お母さん・・・知らんかったのか・・

 

と驚いた顔をしていると、

 

お母さんが「だって私が産んだ時なんて何も教えてもらわなかったものー」

 

そうなのか・・・

 

じゃぁ、これまで赤ちゃんどこにいると思ってたんやろ・・・

 

まぁ、いいや。深くはつっこまんとこ・・。

 

 

さ、そこから陣痛が定期的に始まったときに取るべき体勢を教えてもらうことに。

 

例えばパートナーの首に両手を組んだ状態で捕まって

全体重をかけてスクワットポーズ。

 

その日同席できなかった相方さんの代わりを助産婦さんがしようとしてくれるものの、

助産婦さん2人とも私より背が低いため・・・

本当なら相手の首に捕まることで全体重をそこにかけるので

足のいい運動になってはいけないのですが、

この日は完璧私が本気スクワットエクササイズ状態に。笑

 

そんな感じでしたが、陣痛がきたときに、赤ちゃんが子宮口を頭でグリグリ押して

開こうとするのをヘルプできるポジション4つを習って帰ってきました。

 

次回は呼吸法か授乳について話すとのこと。

 

この日思ったのですが、産婦人科の検診は一人でもいいけど、

助産婦さんとのアポは出来ればパートナーが同席した方がいいな〜ということ。

 

帰宅した相方さんにその日ならったポジションを教えたものの、

実際に陣痛が始まって上手く教えてもらった通りに出来るのか・・・。

 

うちの相方さん、すぐパニくるしなぁ・・・笑

 

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村