読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamakiko blog

人より牛をたくさん見かけるフランスのノルマンディーでの仏相方とロシアン猫と暮らしてます

母の一人旅・・・実現するか・・・

先日、日本の母に「一度はこちらに来てみては?」と話しました。

私が日本を離れチェコに引っ越して、そこからフランスに越してきて

既に4年近くになりますが、我が家の母はまだ一度も

私を訪ねたことがありません。

 

確かに遠い・・・

確かに高い・・・

そして私の母は70超え。。

 

そりゃ、なかなか「行ってみる〜!」とはならないのは分かります。

でも、いつか・いつかと思っているとこのままどんどん年数が過ぎてしまうなぁ・・

と思い、今回はいつもより積極的に話を進めてみました。

 

本当なら私が帰国したときに、フランスに戻るときに

一緒に連れてくれればいいのですが、しばらく一時帰国の予定もないので、

ここは何とか母に頑張ってもらえんか?!

と思ったのです。

 

この話が出るたびに母から出てくるセリフは;

 

母「えぇ〜でも、お母さん何も役に立てんわ〜!一人で買い物も行けんし、みんなに何のご飯作ってあげていいかも分からんし〜〜!!」

 

私「いや・・・誰もお母さんにわざわざフランスまで来てもらって、何かしてもらおうなんて思ってないよ。。

お母さんにとってはバカンス気分で来て欲しいのよ。」

 

母「でも・・・。お母さんドレスなんか持ってないよ。」

 

私「お母さん、どこ行く気?・・ドレスなんてどこで着るつもりよ?!」

 

母「あとヒール靴も持ってないで。」

 

私「あたしもヒール靴なんて最後にいつ履いたか

覚えてないわっ。」

 

母「フランスといえばパリコレやん。みんなお洒落に綺麗にしてるやろうに、お母さんなんか着てく服ないわー」

 

私「いや、普通の人は本当に普通よ。。あたしは日本へ帰った時の方がよっぽど何着るか困るわ。

みーんなコンビニ行くだけでも小綺麗にしてえらいと思うわ・・。」

 

と永遠とこんなやりとりが続き

この時点で多少諦めかけてしまった私。。

 

あぁ、なるほど・・これが母の抱くフランスへのイメージなのか。

パリコレのイメージ抱いて、この人よりも牛の数が多い

今暮らしているところへきたら・・そのギャップに驚くやろな。。

 

でも、いつも母へ送る写真は、緑や牛や羊、海、といたって自然満喫の

田舎ライフの写真ばっかりやのに・・

それでもパリコレ、ドレス、ヒール靴ってまず頭に浮かぶのか・・

本当に植え込まれた思い込みイメージの強さにびっくりや(°▽°)

 

さて、母の一人旅実現するのでしょうか。

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村