mamakiko blog

人より牛をたくさん見かけるフランスのノルマンディーでの仏相方とロシアン猫と暮らしてます

チェコのビザはどうしてたか「Temporary residence permit」取得まで〜その2

前回に続き・・・・

mamankiko.hatenablog.com

 

仮ビザ(パスポートのページ1枚分のシールを貼ってもらいました)取得後、

約2ヶ月後に移民局から届いたレター・・・

 

結局、内容としては、

”二人の関係性を証明できる書類を追加で送るように”と書かれいたとのこと。

 

そこで、すごいのが実際そこから何を追加したわけではなく、

コンサルタントが移民局に一筆書いてくれたらしく、

そこから移民局からの催促は全くなし。

 

そこから2週間ほど経った頃・・

夜7時すぎ。ピンポーン!とベルが鳴った!

誰や・・・?まさか・・・?こんな時間に警察か?!

 

テイクアウトしてきた食べかけ中のピザを放り出し、

6階から1階に駆け下りる(このときのアパートにはエレベーターがなく、建物のエントランスのドアを開けるにも実際に1階まで行って開けてあげないといけない仕組み。。)

 

ダッシュで向かいドアを開けると、そこには2人の男性が・・・

パラっと見せられたのはよくドラマである「警察です。」のセリフと共に見せられる

警察手帳!

 

おぉ!本当にやって来ましたね!!あなた達!

しかも夜に来るとは想像してなかったよ!

 

そこから、まず1階にあるポストにお互いの名前が載っているかを確認(これ大事)

そして6階までまたヒーヒー言いながら階段を登って、部屋の前に到着。

 

相方がドアを開け、警察がまだパラリっと警察手帳を見せる。

奥には二人が食べかけのピザが散らかった状態。(これがかえって良かったかな)

 

玄関口で、二人のパスポートを見せるように言われる。

そして部屋のサイズを聞かれる。

 

私「中に入られますか?」と聞いたけど、

警察たち「あ、大丈夫〜。もう、これでオッケーでーす」

 

あ・・・あれ・・・クローゼットやバスルームの引き出し開けて

二人の私物がちゃんとそこに入ってるか確認するとか

色々聞いてたけど・・あ、もうお帰りで。。

まぁもうディナータイムやし、多分さっさと切り上げたかったのでしょう。

 

そこから約1ヶ月が経つ頃、仮ビザ(3ヶ月間)の期限に近づいてきたので

コンサルタントに仮ビザ延長のお願いの為のアポを移民局に取ってもらう。

 

2014年1月後半、仮ビザ延長で移民局へ。

またシールでパスポート一面取られるのかなぁ〜?

それとも古いやつの上に貼り付けるのかなぁ〜?とか、

本当にどーでもいいことを考えながら、

対応してくれたお姉さんとコンサルタントのやり取りを眺めていると

 

コンサルタントの彼がなんだか驚いた表情。

私「え、、、何か問題でも?」

コンサルタント「仮ビザの延長じゃなくて、ビザの申請が通ってもう本ビザ渡せるって!」

 

ということで、申請から約3ヶ月で晴れて手にしたのがこちら↓

f:id:mamankiko:20170413063515j:plain

 ちなみに、こちら特に面倒な更新手続きなしで5年間有効👀

 

一応、毎年1回住居証明のみ行わないといけないということで、

その度に借りていたお部屋のオーナーさんに一筆レターを書いてもらい

それを移民局に持参してました。(この手続きに関しては簡単だったので一人で移民局に行って並んで対応してもらってましたが特に問題なかったです)

 

ということで、私たちの場合は移民局による個別面接はせず

警察のお宅訪問のみでビザがおりました。

 

さて、このビザ申請にあたりかかった費用は

コンサルタントさんに4000czk(現在のレート換算だと日本円で17000円ちょい)

 

このビザ発行に対する移民局での支払い自体はなかったので、

コンサルタントさんに払う金額のみでした。

 

全く分からないチェコ語でビザ申請を一人でしようとしてたら、

こうスムーズにはいかなかったと思うので

通訳代、アポ取り、色々なアドバイスなど含めてもコンサルタントさんに

お願いして良かったな、と思います。

 

ということで、私はたまたま相方さんがEUメンバーだったことで

このビザを取得することが出来、その後も問題なく約3年間

チェコで生活ができたわけです!

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村