読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamakiko blog

人より牛をたくさん見かけるフランスのノルマンディーでの仏相方とロシアン猫と暮らしてます

フランスで動物園

先週末はこっちに越してきてから一番気温が上がり、
コートなんか着てられないぐらい暖かい気候でした。

そんな太陽さんさん降り注ぐ中、
私と相方一家で動物園へ。

今回行ったのが、ノルマンディーのリジュー(Lisieux)という町のすぐお隣にある
セルザ動物園(Zoo de Cerza)



週末そして先週末からノルマンディーエリアは学校が2週間のバケーション
ということもあり動物園の駐車場はいっぱい。

これは中も混んでるのかな?と思って入場してみたけど
心配ご無用。。

敷地が広すぎて、あんなに車が外に止まってるのに、中で見かける人はパラパラ。





↑2枚目:遠すぎて写真撮ってみたけど、ちっこ!確かバンビたちだったはず。


こんな感じで、コンクリートで囲まれた窮屈そうな動物園じゃなく、
自然の中にどーんと敷地を取って、一応の区切りの柵を付け足したような、
とっても自然感満載の動物園。



↑こちらは、太陽の光をさんさんと浴び、柵の間際で昼寝するカピバラさん。

せっかくなんで、手を突っ込んで体を撫でてみましたところ、
この毛・・・たわしよりも頑丈なバリバリとした何とも言えない感触でした。


それぞれの動物の前には、このようにそれぞれの動物についての
寿命、どこから来たか?主食はなにか?・・・など、
とっても分かりやすく設置されてます。

そして、こちらはアフリカからいらっしゃったチーターについて。

 
ふむふむと読んでいると、、
 


こちらの左下の主食の部分が・・・
ナイフ&フォークの間に、鹿でしょうか・・・丸ごと、どんっ!と描かれてます。
まぁ、分かりやすい。

そんな中一番興奮したのがこちら♡↓


ノルマンディーに来てからはお馴染みとなった山羊さん。
ここは、山羊や豚、にわとり達が放し飼いされていて、
いわゆる”触れ合いコーナー”としたエリア。


山羊の赤ちゃんもいましたー♡
いやぁ〜可愛かった!!!


こんな感じで広いアップダウンのある敷地の中を歩きまくり、
帰路につく頃にはみんなクタクタに。


ノルマンディーに来て初めて春を感じた1日でした。


場所:セルザ動物園(Zoo de Cerza)





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村