mamakiko blog

仏相方とロシアン猫と、人より牛をたくさん見かけるフランスのノルマンディーでの生活を経て、オーストリアのウィーン暮らしスタート!

オーストリア、ウィーンで無事に娘を出産!

ほやほやネタみたいなタイトルにしましたが

すでに娘を無事に出産してもう1ヶ月!

 

この1ヶ月ちょい、ただオムツを替えて、授乳して、げっぷさせて、あやして、寝かしつけてを繰り返してたらものすごいスピードで過ぎ去ったような・・

 

大きなお腹を抱えた中、

違う国へ、相方さん&私の母国でもない国へ、言葉が全くわからない異国へ

引っ越すことになるとは予想もしておらず

最初はビザや保険、出産に向けての検診&産院などなど・・

 

どぉーーーなるか〜〜と先がよくわからないままの日々でしたが

とにかく無事に元気な赤ちゃんを産めて良かった良かった〜と一安心!

したのもつかの間。。

 

出産した後の大変さに、もう少し事前下調べしておくべきだったかも・・

とも思ったりの産後でした。

 

”産後の痛み&授乳の難しさ”

ここら辺なんで全く耳にせんかったのか・・

というか、私なりに妊娠中は出産に向けて下調べや準備はしていたものの、

産後DAY1についてすら私はなんで何も考えてなかったのか・・・

今思うと本当に不思議。

 

その中、異国での産後書類手続き諸々。

全ての書類がドイツ語。

わからず電話で問い合わせても「ドイツ語しか無理よ」的なことを言われ

話が全くすすまずひたすら色々な書類を翻訳しまくる・・疲

 

 

さてさて、出産そのものについてですが

出産したのは予定日から遅れること一週間。

予定日から数日後に水がパシャっと出たのか、それとも尿もれなのか分からない・・

「漏れ」があり病院へ行って調べてもらうと羊水ではない、との検査結果。

その日は家に戻りまた普通の生活。

 

そこからまた数日経ち、バランスボールに乗って腰ふりふりしてたら

いつの間にかパンツがまた濡れており・・

今回は念のため入院バッグも持参して病院へ向かって、またまた検査。

でも検査結果は同じく羊水ではないとのこと。

 

でも本当に尿の匂い全くしてないけど・・本当に羊水じゃないのか・・?と思ってると

先生が念のため羊水の量を確認するということでエコー検査。

 

そしたら羊水量がかなり少なくなってることが発覚し、

その晩から入院し、翌朝、陣痛促進剤を使うことに。

 

最初に「漏れ疑惑」があって病院へ来た時点で実は既に2cm開いており

助産婦さんに「本当にこれ初めての出産?!」とびっくりされ、

 

2回目の「漏れ疑惑」の時には4cmまで開いており、

そのとき担当してくれた助産婦さんも同じくびっくりした様子。

たしかに、ここまで開くまで、まったく大した陣痛も感じてないまま・・。

 

入院した翌朝、まずは助産婦さんが赤ちゃんの心拍数を調べ、

子宮口がどのぐらい開いているかを確認。

その時は前日と変わらずまだ4cm。

 

そして促進剤(膣剤)を投入し、

「促進剤を入れても実際に本陣痛がくるには何時間か・・もしかしたら1日以上かかるかも」と言われたので、

 

相方さんとちょっと散歩にでも行こうということで病院の周りを

ウロウロ散歩しだして間も無く、

 

私「あいたたたたた・・・・」

相方さん「え、もう?!」

 

私「いや、まだ大丈夫・・でも痛い。まぁ散歩続けよう。」と言った数分後。

 

私「あ、これ来る。いかん、病室戻ったほうがいいかも」

 

となり病室に戻ってまた数分後。

 

ベッドに少し横になった瞬間に

あそこのあたりで「ポコん!!」と何かが弾けるような、扉が開いたような音がして

その瞬間に激痛が!!!

 

何も考える暇もなくナースコールを連打!!

 

そして、リラックスした感じで助産婦さん登場。

「まだ本陣痛が来るには早すぎるわ〜。また1〜2時間後にチェックしてみましょう」

 

私「いや、頼みますから今すぐ子宮口確認してください。もう出て来ます、きっと」

 

と説得し確認してもらったところ

 

助産婦さん「分娩室へ移動しましょ!」

 

私「だから言ったやん!(心で思ったのみ&続けて襲って来る陣痛に耐える)」

 

そこから病院で用意された服に着替えて、

病室に置いてるものを全て持って(出産後は別のフロアにある病棟へ移るため)

分娩室へ歩いて移動。

 

分娩室へ着くと、その時点では英語を話す助産婦さんは空いておらず、

その代わりにドイツ語オンリーやけどベテランおばちゃま助産婦さんが対応してくれることに。

 

出産前は、出産時に英語を話す人がいてくれるか、コミュニケーションが取れるか?

という点をやたら気にしていた私。

 

そのためだけに、プライベートの助産師さんを雇いたいと

ウィーンに越して来たころは探してたものの、

みなさん次の空きがあるのは来年2月以降とかで結局見つけられないまま終わり、

しかも費用も1000ユーロちょいかかるとのことだった・・

 

今思うと本当にこのためだけに助産師さんを雇うなんてしなくて良かったな・・

とつくづく思う。

 

それより、もしプライベート助産師をつけるなら産後なにかあったときのために

家まで訪問してくれる助産師さんを押さえてたほうがよっぽど良いかと。

 

実際経験してみて、出産という現場に置いて、言葉が通じるが通じないかなんて

全く関係ない・・それが私の場合の感想です。

 

私本人はもう陣痛のものすごい痛みで話すこともできず、

何を言ってるかはさっぱり分からない、

このベテラン助産師さんの手を握り顔を見つめていると

何故か相方さんの顔を見ているよりも(すまん!)落ち着くことができ

よし!頑張ろう!という気持ちになれたのです。

ベテランが放つオーラはハンパない。

なんだか大丈夫な気がする、と思わせてくれる彼女のオーラはすごかった・・

 

入院した前夜から先に陣痛を迎え出産に挑んでいた妊婦さんたちの悲鳴が

聞こえてたのですが、「私も明日はあんなに叫ぶのか・・唸るのか・・??」と

想像ができないまま挑んだ出産本番。

 

叫びました。

唸りました。

痛みで体が震えました。

顔中には血管が浮き上がっていたそう。

あとは、んんーー!!っといきむたびに吐きかけたり。

 

赤ちゃんの頭がポーン!と出る直前は「いったぁ!!!」と日本語で叫んだ私。

そこから次の陣痛で赤ちゃんの体もつるん!と出て、

へその緒がパールのネックレスみたいにぐるぐる巻きで出て来た我が子。

でも何も問題はなく元気な鳴き声を響かせながら私の胸元に♡

 

3.5キロで産まれてきた娘。

胸元に抱いたときは「あーやっと会えたね〜」となんとも言えない気持ちに。

f:id:mamankiko:20171108061045j:plain

 

これで終了かと思いきや、

そこから次の陣痛でプランセンタが登場。

その巨大サイズにびっくり・・

 

そこから出血がなかなか止まらず、やや意識もうろうに・・。

 

そして、やっぱり裂けてしまった・・・会陰部分。。痛

裂けないためにオイルでマッサージしてたけど、これは効果なかったか・・残念。

 

赤ちゃんが生まれたあとに初めて先生が分娩室に入ってきて

その裂けた部分の縫合を始め、その間も赤ちゃんが産まれた瞬間から、

お乳を吸わせ確かそのまま2時間ほど分娩室にいたような。

 

結局、陣痛が始まって約1時間後には我が子が誕生するという

超スピード出産でした。

 

もともとは無痛分娩を希望してたものの、

流れがとても早すぎる分娩だったので麻酔をうつ暇もなく

予想外の自然分娩を体験することになりました。

 

今は不思議なことに、ものすごく痛かったということはもちろん

頭でわかってるものの、

実際にどんな痛みだったのかは赤ちゃんを抱いた瞬間に忘れてしまった・・w

 

これが私の予定日からは遅れたけども

本番はかなりスピーディーな出産経験でした!

 

また、その後の入院生活については多分・・次回書きます。

ブログもなかなか書けてなく・・

書く時間あるなら寝たい・・が最近の本音です。眠

  

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

臨月:まるまる一週間を義母と二人きりで過ごしてみると・・

ここ最近、毎日誰かしらから

「産まれた?まだ?陣痛きたっ??」と連絡が入り、

若干それらへの返答がめんどくさくなってきたような・・・

 

別に予定日から大幅に遅れてるわけではないのに、

なんだか焦らなきゃいけない気持ちになってきてしまう・・今日この頃です。

 

 

さて、話は少し以前のことになりますが、

相方さんの仕事が出張が多く、今月初めに一週間アメリカ出張が入っていたので

もし出産が早くきた!とか、まぁ何かしらのために

フランスからわざわざ義母が私の身の回りのことのヘルプのため来てくれることに。

 

それを聞いたときは、“え、一週間も?!まぁ、でも確かに赤ちゃんのベッドの準備とか、赤ちゃん服洗って収納したりとか、色々せかいかんことはあるなぁ・・・

それ手伝ってもらえるのは助かる!”と思い、義母に来てもらうことに決定。

 

日曜の夕方頃、我が家に到着して、その日はウィーン中心地にある

オーストリア料理といえば!なレストラン(らしぃです)

Pulachutta  (Plachutta Wollzeile)へ3人でごはんしに。*予約おすすめです

 

お店に行く前から相方さんが

「今夜こそは有名な茹でた牛肉をためしてみるかなぁ〜でもやっぱりシュニッツェルも捨てがたいな〜」と呟いており、

 

個人的には”茹でた牛肉”という表現に全く惹かれず・・・

だったのですが、まぁ物は試し。

 

揚げ物大好物な相方さんは結局シュニッツェルを注文。

私とお義母さんはその有名なターフェルシュピッツをためしてみることに。

これ、思った以上に “癒される味”

日本の鍋を胃袋のはるか遠くのほうに思い出す・・・

胃に染み渡るスープのお味♡

 

f:id:mamankiko:20170928111248j:plain

 

お肉はやっぱり霜降りとかじゃないので

じゃっかんドライな感じはするものの、まぁいける。

でも、とにかくスープメインで楽しんだ一品でした。

f:id:mamankiko:20170928111327j:plain

 

このメイン料理並みに気に入ったのが、ここのプレッツェルのパン。

これがフワフワ、もっちりで何度おかわりを頼んだことか・・!

 

 

この初日の時点で、お義母さん&相方さんのノンストップトークは永遠と続き

臨月に入った私のタダでさえ浮腫みやすい足はあっという間に感覚を失い

みるみるうちに象さんの足へと変身。。

 

さ、翌日の月曜、相方さんは出張へ。

そこからは私とお義母さんの2人生活開始。

 

ウィーンに来る前に、もし何かここは行きたい!とか、これだけは見てみたい!

みたいなものがあれば調べておこうと思ってお義母さんに尋ねたときは

 

「何言ってるの〜!私遊びに行くんじゃないの。あなたの身の回りのお手伝いしに行くんだからー。臨月なんだし、そんなに動き回ると疲れるから、お家でゆっくりしてて。私暇だったら一人で出かけるし。」

 

と言ってた義母。

 

だが・・・実際は、、、

 

義母は月曜から土曜まで毎日なにかしらのプランを提案してくることに。。(゚д゚lll)

 

「今日は中心地へ行って、あの有名なカフェでお茶しない?」

 

「あ!今日は病院でのアポがあるのね!なら私も一緒に行くわ!そして夕方はボートの上にあるバーへ行ってみましょう!」

 

「今日はあの美術館へ行ってみましょう!」

 

「今日はあの有名な庭園へ行きましょう!」

 

・・・・・いや、めっちゃプラン立ててますやん。

臨月の女めっちゃ連れまわす気で来てますやん。。

 

もともと義母が言ってたのは、

私がしんどくって、行く気がしなければ一人で出かけるから〜って言ってたのに

2人生活が始まった途端

「気乗りしないならいってね!私このお家の中でもできることいっぱいあるから!!」と言い続ける義母。。

 

「いや、お義母さん・・どうぞ気になさらず好き勝手にお出かけしてください。。」

と言ってみても、なぜか、なかなか一人で出かけようとはしない。。

 

そうなると私も・・・

せっかく来てくれてるしなぁ・・

まぁ、あたしも赤ちゃん産むまえにいろいろ観光できていいのかも・・・

運動もせないかんしなぁ・・・

 

と考えだし、できるだけ義母の提案通り毎日を過ごしていったものの、

 

臨月女・・・ゲキ疲れ・・・

あんなに毎日をアクティブに過ごしたのはいつ以来やろう・・・

 

f:id:mamankiko:20170928111436j:plain

 

〜その他エピソード〜

 

私にはIKEAに行ってウロウロする体力がないので相方さんが気を使ってくれ、

出張から帰ってきたら足りてない家具を

相方さんとお義母さんでIKEAに買い出しに行こう、という予定になっていたのを

 

「出張から帰ってきたら疲れてるだろうし、私と一緒に2人でIKEAに買い物いかない??」と提案してきた義母。

 

私「いやです」

 

完。

 

 

そして料理が苦手なお義母さん。なので3食の準備は私。

何回か外食したけど、ほぼ家ごはんで、毎日出かけてクタクタになっては

買い出しして、夜ご飯をパンパンになった象の足でまた支度するのは

結構疲れた・・・

 

しかも私が料理してる間、義母はテーブルで食事ができるのを待ちながら

ずーーーっと私に話しかけてくる・・

その都度、換気扇止めて「ん??なんですか??」と話しに対応しながら

また手を動かして食事準備へ・・疲

 

ここまでは体力編したが↑

ここからは精神面編です↓ 

 

この体力消耗しきった二人きり生活。

そこに付け加えてかなりドーン!とやられたのが、

 

義母は根っからの話好き、というところ。

そして常にテンションがハイパーマックス。。

 

とにかく一人の時間なんて1秒たりとも必要ない人間(義母)と

人と交流するの大好きやけど、一人時間もとても大切な人間(私)が

 

一週間常に同じ空間で過ごすのは、なかなか難しいもんがあったなぁ・・

 

私が寝てるとき、トイレ、お風呂に行ってるとき以外は

常に何かしら一緒にしたい、話したい義母。

 

そのため、

ネットでなにか調べる、

ケータイいじる、

本読む、

 

とか集中もしくはリラックスする時間なし。。

 

 

そこで思いついたのが、なにかフランスのテレビ番組でも流しておけば

義母の集中がそっちへ流れるんでは?!という作戦。

 

そこで、こっちにきてからもネットで朝はたまに

“La masion des maternelles” という妊娠生活や子育てに関する番組を見てるので

その番組を朝つけてみることに。

 

これ、大失敗。

余計にめっちゃ疲れることに。

 

というのも、赤ちゃんが映るたびに

 

義母「ひゃぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!見て見て見て見て!!!!なぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんて可愛いのかしらぁ〜!!!!赤ちゃん楽しみね〜!!」

 

と奇声を発するからであーる。。

 

その興奮っぶりに私はとてもついていけず、、

朝からどっしり疲れが(´Д` )

 

 

また別の日には、赤ちゃん洋服を着用前に一度全て洗濯しておこうと思ってたやつを

全部ありがたいことに義母が洗濯してくれることに。

 

でも、そこでまた奇声を聞くことになるとは・・・

洗濯物を干しながら・・・

義母「きゃぁぁぁぁぁーー!!!!なぁぁぁぁぁんて小さいのぉ〜!!!!可愛いわね〜!!!!!!」とベランダで一枚一枚干すたびに大興奮。

 

きっとご近所さんたちは朝から何事や・・・

と驚いてたやろうなぁ。。

 

そして、洗濯物を時々チェックしては

「これ乾いてるわ!」

「これまだみたい!!」

「これはもう少しで乾くわ!!」

 

と1つ1つわざわざ報告してくださる・・・・・。

 

いかん。

臨月女、もう限界です。

 

あれはきっと木曜だったはず。。

仕事してる相方さんに、そんなつまらん愚痴をいってはいかん・・と我慢してたものの

限界を感じ相方さんに呟き・・・。

 

すぐに電話がかかってきて

相方「え?オカン一人で出かけてないの?!一回も??!」驚

 

私との電話を切ったあとすぐに今度はお義母さんへ電話する相方さん。

そのあと、相方さんからチャットが入って

「具体的には何もいってないから心配しないで〜。」とのこと。

 

そして、その翌日、変化が・・・!!!

お義母さん「今日は病院で検査があるのよね?私は家にいるわねー。」

私「あぁ!そうですか・・じゃぁ行って来ます!」

 

帰宅後・・

お義母さん「私ちょっとここら辺散歩してくるわー。中心地まで歩いていけるし!」

私「おぉ!そうですが、楽しんできてください!」

 

と久々の一人時間獲得٩( ᐛ )و

 

そして夜・・・

お義母さん「今夜はチキンが食べたいわ!私が今夜は作るから!!」

私「えぇ!嬉しい!ありがとうございます!!」

 

相方よ・・・こういうところは本当にあなたと結婚して良かった、と思うよ。涙

ちゃんと嫁の声を大事にしてくれて。。。感謝

 

これは義母との2人きり生活最終日での大変化。

もっと早く相談すれば良かった。。

 

 

さてさて、こうやってバーっと書き出すと

愚痴ばっかりになっちゃいましたが、

もちろん楽しい時間もたくさん過ごしましたw

 

ただ、疲れた・・・義母がフランス経った後の二日間ほど

疲労がとれずほぼ寝続けて過ごしたほど。。

そして眠るたび、義母が夢に出て来るという。爆

 

それでも、私はお義母さんが好きです。

一緒に生活は難しいということが良くわかったけどw

お義母さんがすること全ては良かれと思ってしてること。

もう何十年もお義父さんと常に一緒に行動しているお義母さんが

突然慣れてない土地で一人ウロウロ出かけるには少し勇気がいること。

 

離れると全体をまた冷静に見ることができる。

やっぱりある程度の距離感って大事やな。。

 

確かに!と思ったのが、このことを友達に話したときに

その子が「まるで赤ちゃんとの生活の練習みたいね!自分の好きな時に好きなように動けない、好きなことができない、常に相手してなきゃいけない、、って本当に赤ちゃんとの生活みたいじゃない?」と。

 

 

そして・・・!

また赤ちゃんが産まれたら再びお義母さんいらっしゃいます!

でも今度はお義父さんも一緒に(少し安心w)

 

また、その時はその時で何かあるんやろうな・・・

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング